らくぷく

主に旅や建築関係、日常のブログを投稿します。

ドライブ中に餓死寸前の野良犬?を発見

あらすじ

こんにちはらくぷくです。

先日、私は旅行で兄と二人で1拍2日で徳島県海陽町にいきました。行く道のりで雨だったのでスリップしそうになったりパーキングエリア過ぎた瞬間、腹痛が起こったりと色々ありました。1日目は滝を見に行ったり美味しいパン屋さんにいったりしました。2日目、海陽町から離れて高知の室戸方面に行く途中、足をケガしてるのか、歩き方がぎこちなく、ふらふらと歩く野良犬?を発見しました。

 

 

犬の状態

車を降り、犬に、狂犬病など何か、病気を持っている可能性があるので少し警戒し、恐る恐る近ずくと、体がガリガリで元気がなく、足をケガしていて歩くのがやっとの状態でした。運悪く、近くに動物病院などが無かったので、近くのスーパーで、水と犬の餌を買うことにしました。私も兄も、犬に関する知識があまりなく、餌が何がいいのか全く分からなかったので、調べたところ、魚のブリがいけるみたいなのですぐ購入し、さっきの場所に戻った。

 

悲劇

さっきの場所に戻ると、なんと犬は倒れていました。

 

 

 

「少し遅かったか、、、」そう思い犬に近ずくとコロッケと水が犬のそばに置かれていました。誰か親切な人があげようとしたのでしょう。犬をよく見ると画像ではわからないかもしれませんが首輪がついていたのです。もし捨てられた犬だとしたら飼い主をゆるせないですね。このままほおって行くわけもいかないので、何キロか離れたところに動物病院へ電話し、事情を説明すると、仕事がいっぱいで今日はいけないので、また後日パトロールしに行きますとのこと。

 

その後

電話終え、犬を見るとなんと目開けていました。もしかしたら寝ていただけなのかもしれません。空腹なことはわかってるので兄が何故か都合よく持ってたキャンプで使うコンロでブリを焼き、犬にあげました。すると、犬はバクバク食い、見てて「買ってきてよかったー」と思いました。

 


www.youtube.com

 

 

 

こんな感じでどことなく元気になった気がします。保健所へ連絡し、餌も上げたので、他人の私たちがずっといてもしょうがないので立ち去りました。

その後は知りませんが、元気に生きていてほしですね。

旅の良さはこういう非日常を体験できることだと思っています。